さまざまな使い方ができる紙袋の魅力

ショップでお買い物すると紙袋に入れてくれます。客が持ち歩くことでそのショップの宣伝にもなるため、どれもおしゃれで素敵なデザインのものばかり。中には季節ごとにデザインを変えていたり、イベントに合わせて特別に作りました、なんてものもあるため、ますますなかなか捨てられなくなってしまいます。それならその紙袋を活用しませんか。さまざまな使い方ができるのも紙袋の魅力です。押入れの片隅でどんどんあふれていってボロボロになってからしょうがなく捨てるよりも、さまざまに使ってあげる方が袋の方も浮ばれるというものです。きちんと活用したあとであれば、後悔することなく捨てることもできるでしょう。ここにあるのはほんの一例です。あなたならではの活用術を見つけ出してください。

おしゃれ可愛いデザインを活かして

せっかく素敵なのですからそのデザインを活かしてやりましょう。一般的な活用術と言えば、お菓子や雑貨などお裾分けする際の入れ物としての使い方。ビニール袋と違って中身が見えにくいので持って帰って中身を見るまでワクワク感が続きプレゼントにピッタリ。それに持ち運びしやすいのももらう側にとってはありがたいですね。殺風景な部屋の壁、それを彩る壁紙代わりに使ってみるのはどうですか。お気に入りショップのものであればデザインが違ってもなんとなく統一感が出てオシャレに見えるはず。それに、ただ飾るだけでなく収納もできるので、実用性もあります。ずっと使用している中で色があせてきたりボロボロになってきたら捨てればいいのです。お部屋の模様替えも、あっという間にできます。

四角い箱の形状を活かしてみよう

持ち手部分を中に織り込んでしまえば、ただの四角い箱です。その形状を活かして洋服ケースの仕切り箱として利用してみませんか。大きさも高さも幅もさまざまなタイプがあるので、衣類やベルト・靴下など上手く収納できます。プラスチック製衣装ケースの一番手前を好きなショップの紙袋にしておけば、デザインだって楽しむことができます。立てて収納できるので服が見つけやすいですし、季節ごとの衣替えも袋ごと一気に運べばよいので楽チンです。衣装ケースだけでなく、食器棚などにも活用できます。紙製なのでカチャカチャとうるさくなることもなく、割れる心配もありません。本棚のコミック本の収納・手芸道具の収納などどこででも使うことができます。さまざまな場所のお片づけに、上手に利用しましょう。

Comments are closed.