あっとびっくりする紙袋の利用法

紙袋はデザインや素材の良いものがたくさんあり、すぐに捨ててしまうにはもったいないということで、保管している人が多いのではないでしょうか。そのまま紙袋として利用することもありますが、他にも利用方法はたくさんあります。保管する際にも大きさや形別、使い道の別などにわけて保管しておくと利用しやすいものです。あまり丈夫ではないものは、古紙を入れてそのまま古紙回収へ出すこともありますが、薄手のものはそれなりに使い道もあります。ブックカバーや、封筒などに再利用する場合はあまり厚手のものは使いにくいものです。薄いけれども丈夫なものを選ぶことで、布などに比べると使いやすさも実感できます。厚手の丈夫なものは、収納用など他にも使い道がたくさんあり、保管している紙袋が、素敵なインテリアグッズや作品を作ることができる材料となります。

センスの良い収納用品としても活躍します

棚やカラーボックスなどには、そのまま収納すると乱雑に見えてしまうものですが、紙袋をボックスとして並べることによって、収納兼インテリアとして使うことができます。その場合には厚手の丈夫な素材が適しています。デザインはさまざまでも大きさの同じ物を並べることによって、デザイン性のあるお洒落な棚に早変わりします。幅はそれぞれ違っても、形と大きさが同じであれば乱雑な感じがしません。最初に傷みやすい個所を補強しておくことで長持ちも可能となります。傷んできたら別の袋と取替えることが簡単なため、使い勝手の良い材料となります。このような使い方は、掃除をする際にも簡単に移動ができるため、全部出して掃除することも楽々なのです。中に入れたものがすぐにわかるような工夫をするとさらに使いやすくなります。また突っ張り棒につるして使うと、おしゃれな収納用品にもなります。

文具やアイデアグッズとしても活躍します

ブックカバーだけでなく、ファイルのしきりに使ったり、空き缶や空き瓶にラッピングすることで、簡単に鉛筆立てやメガネたてが作れます。定期的に交換すると飽きがこないので楽しく使うことができますし、丈夫なものなら、袋の形状を変えて再利用するのも面白いものです。ずーっと見ていると、どのようなものに変身させるかアイデアが浮かんでくること間違いありません。古くなった「うちわ」の張替用にすることもできますし、メッセージカードを作ることもできます。何かの時にすぐ使えるように、思いついたら作ってしまうこともよいでしょう。作ってみると、意外に満足できるものが仕上がります。そのまま取っておきたいものだけは別に保管しておき、それ以外の袋は利用目的別にそれぞれまとめておくと使いやすいものです。

Comments are closed.