使いやすくおしゃれな紙袋を解説

何かの時に利用しようと保管してある紙袋は、運ぶために再利用する機会があまりないのではないでしょうか。紙は保存が悪ければ、時間が経つに連れ変色が目立つようになり見栄えが悪くなります。気に入ってとってあるような袋なら、部屋に飾るのもよいしリメイクして利用するのも楽しいものです。いちばんてっとり早い利用法としては『収納』に使うことです。キッチンでもリビングでも使いやすさ抜群で、センスアップも期待されます。そのままの形態で利用することもでき、ひもをとって利用することもできます。また持ち手のない普通の紙の袋なら、物を入れたらクリップでとめるだけで素敵な小物入れに変身させることができます。紙袋と言っても、形や大きさ、色やデザインの違いで雰囲気が全く違います。どんな時にどんな袋が使いやすいのでしょう。

今ある家具とともに有効に利用することができます

タンスや引き出しのなかを見ると、いつのまにかゴチャゴチャになっていたりしませんか。そんな時には、紙袋の有効活用開始です。仕切りとして使うことで種類が同じものをまとめ、後から入れるものを整理整頓することができます。衣類なら靴下やハンカチなど小物中心に活躍することが期待されます。仕切りとして利用する際は、口の部分を引き出しの高さに合わせて折るだけの簡単な作業です。外からは見えない隠れた活用法として、大きさもデザインも関係なく利用できるので、使わないような袋のほうが良いかもしれません。見える再利用法として活用するなら、デザインや形・大きさは気に入っている袋でなければ見て楽しむことができません。買い物をした時に入れてくれる袋だけでなく、100円ショップで売られている袋を活用することもセンスアップにつながります。

することもセンスアップにつながります。

気に入ったロゴやデザインの部分だけを切り取って額に入れて飾れば、それだけでインテリアとしての存在感があります。ポストカードや封筒に作り替えてしまうことも可能で、もらった人たちを面白がらせることもできます。最近の紙袋には、話題性を呼ぶようなものが多く、飾るために作られたような紙の袋も売っていることから、注目されていることは間違いありません。収納に利用するにも、形やデザイン性を強調したものを取り入れ、すっきり感だけでなく見た目にもセンスの良さをアピールすることができます。『ラック』や『ゴミ箱』としてそのまま利用することも『おしゃれ感』アップにつながり、切る・貼る・折ることでオリジナルの作品にもなります。気に入った袋は保管しておくだけでなく、有効に活用することで使いやすいものとなるのです。

Comments are closed.